Yasuhiro Tsubo (Publication)
Home へ戻る
Valid XHTML 1.0 Strict
Valid CSS 2.1
立命館大学研究者学術情報データベース ( 2016年 3月 10日現在)



立命館大学研究者学術情報データベース

著書 ( 2016年 3月 10日現在)




01) 坪 泰宏 他69名(三國信啓、深谷親編)
「脳神経外科診療プラクティス6:脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識」
P13~15「ニューラルネットワークの仕組み」担当
文光堂,2015年10月
ISBN:978483062406


主要原著論文・レビュー ( 2016年 4月 12日現在)



   
h5: 2016年3月10日時点 google scholar による h5指標
IF: Impact Factor (by Thomson Reuters) 雑誌掲載年以降1~2年後
被引用:その論文の被引用回数 2016年3月10日時点 google scholar による

15) Yasuhiro Mochizuki, Tomokatsu Onaga, Hideaki Shimazaki, Takeaki Shimokawa, Yasuhiro Tsubo, Rie Kimura, Akiko Saiki, Yutaka Sakai, Yoshikazu Isomura, Shigeyoshi Fujisawa, Ken-ichi Shibata, Daichi Hirai, Takahiro Furuta, Takeshi Kaneko, Susumu Takahashi, Tomoaki Nakazono, Seiya Ishino, Yoshio Sakurai, Takashi Kitsukawa, Jong Won Lee, Hyunjung Lee, Min Jung, Cecilia Babul, Pedro Maldonado, Kazutaka Takahashi, Fritzie Arce-McShane, Callum Ross, Barry Sessle, Nicholas Hatsopoulos, Thomas Brochier, Alexa Riehle, Paul Chorley, Sonja Gruen, Hisao Nishijo, Satoe Ichihara-Takeda, Shintaro Funahashi, Keisetsu Shima, Hajime Mushiake, Yukako Yamane, Hiroshi Tamura, Ichiro Fujita, Naoko Inaba, Kenji Kawano, Sergei Kurkin, Kikuro Fukushima, Kiyoshi Kurata, Masato Taira, Ken-Ichiro Tsuitsui, Tadashi Ogawa, Hidehiko Komatsu, Kowa Koida, Keusuke Toyama, Barry Richmond, and Shigeru ShinomotoCA
Similarity in Neuronal Firing Regimes across Mammalian Species
The Journal of Neuroscience Inpress ---- (2016) [h5:125, IF:6.344(2014/15)]

14) Yasuhiro Tsubo , Yoshikazu Isomura and Tomoki FukaiCA
[Review] Neural Dynamics and Information Representation in Microcircuits of Motor Cortex
Frontiers in Neural Circuits (3 May 2013)
[h5:27, IF:3.568(2014)]

13) Yasuhiro TsuboCA , Yoshikazu Isomura and Tomoki Fukai
Passage-time coding with timing kernel inferred from irregular cortical spike sequences
Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment 2013 P03004 (Mar. 2013) [h5:37, IF:2.404(2014)]

12) Jun-Nosuke TeramaeCA, Yasuhiro Tsubo and Tomoki FukaiCA
Optimal spike-based communication in excitable networks with strong-sparse and weak-dense links
Scientific Reports 2 485 (Jul. 2012)
[h5:78, IF:5.578(2014), 被引用 41回]

11) Yasuhiro TsuboCA , Yoshikazu Isomura and Tomoki Fukai
Power-law inter-spike interval distributions infer a conditional maximization of entropy in cortical neurons
PLoS Computational Biology 8 (4) e1002461 (Apr. 2012)
[h5:74, IF:4.829(2013), 被引用 14回]

10) Ken NakaeCA , Yukito Iba , Yasuhiro Tsubo , Tomoki Fukai and Toshio Aoyagi
Bayesian estimation of phase response curves
Neural Networks 23 752-763 (Aug. 2010; Epub 20 Apr. 2010)
[h5:41, IF:2.182(2011)]

9) Ryota Kobayashi* , Yasuhiro Tsubo* and Shigeru ShinomotoCA
* These authors equally contributed to this work.
Made-to-order spiking neuron model equipped with a multi-timescale adaptive threshold
Frontiers in Computational Neuroscience 3 9 (Jul. 2009)
[h5:28, IF:2.586(2010), 被引用 100回]

8) Keiji MiuraCA , Yasuhiro Tsubo , Masato Okada and Tomoki Fukai
Balanced excitatory and inhibitory inputs to cortical neurons decouple firing irregularity from rate modulations
The Journal of Neuroscience 27 (50) 13802-13812 (Dec. 2007)
[h5:125, IF:7.452(2008), 被引用 48回]

7) Yasuhiro TsuboCA , Jun-nosuke Teramae and Tomoki Fukai
Synchronization of excitatory neurons with strongly heterogeneous phase responses
Physical Review Letters 99 (22) 228101 (Nov. 2007)
[h5:194, IF:7.328(2009), 被引用 34回]

6) Yasuhiro TsuboCA , Masahiko Takada , Alex D Reyes and Tomoki Fukai
Layer and frequency dependencies of phase response properties of pyramidal neurons in rat motor cortex
European Journal of Neuroscience 25 (11) 3429-3441 (June. 2007)
[h5:56, IF:3.418(2007), 被引用 79回]

5) Hiroya NakaoCA , Ken-suke Arai , Ken Nagai , Yasuhiro Tsubo and Yoshiki Kuramoto
Synchrony of limit-cycle oscillators induced by random external impulses
Physical Review E 72 026220 (24 Aug. 2005)
[h5:73, IF:2.483(2007), 被引用 76回]

4) Ken Nagai , Hiroya NakaoCA and Yasuhiro Tsubo
Synchrony of neural oscillators induced by random telegraphic currents
Physical Review E 71 036217 (21 Mar. 2005)[h5:73, IF:2.483(2007), 被引用 31回]

3) Yasuhiro TsuboCA , Takeshi Kaneko and Shigeru Shinomoto
Predicting spike timings of current-injected neurons
Neural Networks 17 165-173 (Feb. 2004)
[h5:41, IF:2.000(2006), 被引用 10回]

2) Takeshi WatanabeCA , Yasuhiro Tsubo and Hirokazu Fujisaka
Universality of chaotic rare fluctuations in a locally coupled phase map model
Physical Review E 65 026213 (24 Jan. 2002)
[h5:73, IF:2.352(2004)]

1) Shigeru ShinomotoCA and Yasuhiro Tsubo
Modeling spiking behavior of neurons with time-dependent Poisson processes
Physical Review E 64 041910 (21 Sep. 2001)
[h5:73, IF:2.397(2002), 被引用 30回]


外部資金等



平成20年度~平成21年度(2008-2009)
    科学研究費補助金 若手研究(B)(課題番号:20700280)
    「階層化された皮質局所回路における情報処理機構の解明」
    確定額(総額) 2,990,000円
平成22年度~平成24年度(2010-2012)
    科学研究費補助金 若手研究(B)(課題番号:22700323)
    「皮質神経回路のスパイク時系列から読み解く新しい情報処理原理」
    確定額(総額) 2,860,000円
平成25年度~平成26年度(2013-2014)
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 立命館大学(事業番号:S101043)
    「網膜回路と視覚応答制御のシステムダイナミクスの解明」
    (研究代表者:小池千恵子薬学部准教授)
    確定額(総額) 12,700,000円(北野勝則情報理工学部教授と共同運用)
平成26年度~平成28年度(2014-2016)
    科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(課題番号:26330288)
    「低電力駆動確率演算素子としての神経細胞の作動原理の解明」
    研究代表者,予定額(総額) 4,680,000円
平成26年度~平成28年度(2014-2016)
    科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究(課題番号:26540047)
    「脳内想起メロディを入力とする適応型音楽検索技術の構築」
    研究分担者,(研究代表者:川越恭二情報理工学部教授)
    予定額(総額) 3,640,000円(うち 分担直接経費 650,000円)

平成27年度~平成31年度(2015-2019)
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 立命館大学(事業番号:S1511028)
    「視機能再構築に向けたシステム視覚科学学際的研究拠点の創成」
    (研究代表者:北野勝則情報理工学部教授)


学内資金



平成25年度(2013)
    立命館大学研究推進プログラム(科研費連動型)
    「確率演算素子としての神経細胞の作動原理」
    確定額(総額) 500,000円

平成26年度(2014)
    立命館大学研究推進プログラム(基盤研究)
    「揺らぎを用いた大域的ネットワーク構造の特徴抽出」
    研究代表者,確定額(総額) 1,000,000円

平成27年度(2015)
    立命館大学研究推進プログラム(基盤研究)
    「適応型音楽検索技術実現のための脳内想起データからの音楽メロディ復元」
    研究代表者,確定額(総額) 1,000,000円


受託研究など



平成27年度(2015)
    受託研究 1件
    研究代表者,確定額(総額) 1,080,000円


解説等



3) 坪 泰宏,寺前 順之介
実施報告 「2012年度時限研究会「次世代情報処理における揺らぎと確率」研究会」
日本神経回路学会誌 19 (3) 153-155 (Sep. 2012)

2) 坪 泰宏,深作 貴美代,田代 健治,糸井 充穂
教育実践 「JAVAによる活動電位シミュレーション―日本大学1年次「自然科学実験Ⅰ」における物理・生理学・情報科学の融合課題の導入例報告」
日本大学医学部一般教育研究紀要 39 13-31 (Dec. 2011)

1) 坪 泰宏,深井 朋樹
解説 「ダイナミッククランプ:導入とネットワーク研究への展開」
日本神経回路学会誌 15 (2) 110-116 (Jun. 2008)


国際会議等(一部)



#) 20-23 Jun. 2013(20:Oral (Symposia Chairperson))
Internal noise and stochastic memory states in cortical networks with long-tailed synaptic connections
Neuro 2013: The 36th Annual meeting of the Japanese Neuroscience Society, the 56th Annual meeting of the Japanese Society for Neurochemistry, and the 23th Annual Meeting of the Japanese Neural Network Society(Kyoto International Conference Center,Kyoto)
Jun-nosuke Teramae, Yasuhiro Tsubo, Naoki Hiratani and Tomoki Fukai

#) 12-15 Dec. 2011(12-14:Poster(Acceptance Rate 22%))
Estimating time-varying input signals and ion channel states from a single voltage trace of a neuron
Advances in Neural Information Processing Systems (NIPS 2011)(Granada Congress and Exhibition Centre,Granada, Spain)
Ryota Kobayashi,Yasuhiro Tsubo,Petr Lansky and Shigeru Shinomoto

#) 9-13 Jun. 2011(12:Oral(Best Paper Award))
Long-tailed statistics of corticocortical EPSPs: Origin and computational role of noise in cortical circuits
The 3rd International Conference on Cognitive Neurodynamics(Hilton Niseko Village,Niseko, Hokkaido)
Jun-nosuke Teramae,Yasuhiro Tsubo and Tomoki Fukai

#) 2-4 Sep. 2010(4:Oral(invited symposist))
Minimum conditional entropy principle for irregular firing of cortical neurons
Neuro2010: The 33th Annual meeting of the Japanese Neuroscience Society, the 53th Annual meeting of the Japanese Society for Neurochemistry, and the 20th Annual Meeting of the Japanese Neural Network Society(Kobe Convention Center,Kobe, Hyogo)
Yasuhiro Tsubo and Tomoki Fukai

#) 2- 3 Jun. 2010(3:Oral(invited))
Minimum conditional entropy principle for irregular firing of cortical neurons
Workshop: Fresh perspectives of computation in neuronal systems(Okazaki Conference center )(Okazaki Conference Center,Okazaki, Aichi)
Yasuhiro Tsubo


招待講演・研究会主催など



#) 2015年 9月 10~ 11日(11 日:口頭発表(invited))
「スパイク時系列の統計性から探る大脳皮質の確率的情報処理」
統計数理研究所共同利用「動的生態情報論の現状と展望」研究会(統計数理研究所,立川・東京)
坪 泰宏

#) 2014年12月 6~ 7日(7 日:口頭発表(invited))
「皮質神経細胞の不規則発火時系列が示唆する情報原理」
行動経済学会第8回大会(慶應義塾大学,東京)
坪 泰宏

#) 2013年 6月 3~ 4日( 4日:口頭発表(研究会主催))
「非ガウス揺らぎとネットワークトポロジー」
電子情報通信学会CCS研究会(立命館大学,南草津)
坪 泰宏,深井 朋樹

#) 2012年 8月 4日(4 日:口頭発表(invited))
「皮質神経細胞の不規則発火時系列が示唆する情報原理」
脳科学若手の会第8回談話会「脳科学 理論と実験の融合」(東京大学,東京)
坪 泰宏

#) 2010年 3月 3~ 4日(38日:口頭発表(研究会主催))
「確率的神経発火時系列の情報原理」
研究会「次世代情報処理における揺らぎと確率」(理化学研究所,和光・埼玉)
坪 泰宏

#) 2009年 9月24~26日(24日:口頭発表(日本神経回路学会第19回全国大会研究賞))
「皮質神経細胞の不規則発火時系列が示唆する情報原理」(日本神経回路学会19回全国大会研究賞)
日本神経回路学会第19回全国大会(東北大学,仙台)
坪 泰宏,礒村 宜和,深井 朋樹

#) 2009年 7月13~14日(13日:口頭発表(電子情報通信学会技術研究報告 NLP Vol. 109 No. 124 pp. 33-35))
「皮質神経細胞の不規則発火時系列が示唆する条件付エントロピー最小化原理」
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会(奈良先端科学技術大学院大学,生駒・奈良)
坪 泰宏,礒村 宜和,深井 朋樹

#) 2008年 7月 9~11日(11日:ポスター発表(Neuroscience Research 61 Suppl S215))
「変動閾値モデルは神経細胞の多様な発火パターンを正確に再現可能である」
第31回日本神経科学大会(東京国際フォーラム,東京)
小林 亮太,坪 泰宏,深井 朋樹,篠本 滋

#) 2008年 7月 9~11日(10日:口頭発表(Neuroscience Research 61 Suppl S59))
「皮質神経細胞の回路内での発火時刻信頼性:理論実験の統合的アプローチ」
第31回日本神経科学大会(東京国際フォーラム,東京)
寺前 順之介,坪 泰宏,深井 朋樹

#) 2007年 9月10~12日(10日:口頭発表(Neuroscience Research 58 Suppl S41))
「位相応答の形が多様である神経細胞の同期解析」
NEURO2007第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第15回日本神経回路学会大会合同大会(パシフィコ横浜,横浜)
坪 泰宏,寺前 順之介,深井 朋樹

#) 2007年 9月10~12日(10日:口頭発表(Neuroscience Research 58 Suppl S40))
「バランスされた入力は神経発火の不規則性を発火率変動から 切り離して一定に保つ」
NEURO2007第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(パシフィコ横浜,横浜)
三浦 佳二,坪 泰宏,深井 朋樹,岡田 真人

#) 2006年10月18~20日(18日:ポスター発表(物性研究 87 612))
「Synchronization of excitatory neurons with strongly heterogeneous phase response」
研究会「生命リズムと振動子ネットワーク」(北海道大学,札幌)
坪 泰宏,寺前 順之介,深井 朋樹

#) 2005年10月20~21日(20日:口頭発表(invited))
「大脳皮質局所回路における層依存的同期特性」
生理研研究会「大脳皮質機能単位の神経機構」(生理学研究所,岡崎・愛知)
坪 泰宏